横浜の女は男慣れしてる元ヤンギャルが狙い目だ!

ギャルブームは終わった。

少し前にこんな事がニュースサイトやメディアを賑わせた。確かに渋谷の109からは鬼ギャル系のアパレルショップが次々に撤退し、今はどちらかと言うと白ギャルを清楚にした感じの女の子が多い。これをギャルと定義する事も一応は出来るが、黒ギャルやマンバ系のギャルが幅を利かせていた時代の渋谷のギャル事情とは大きく異なる。

また、ギャル文化を育てたギャルサーや、彼女達から絶大な支持を得ていたeggや小悪魔agehaなどの連鎖的な廃刊もギャルブームそのもののイメージを低下させたと思う。

何やら小悪魔agehaはこのアベノミクスの好景気の恩恵を受けて再度復活するらしいので、今後の動きには注目したい。

さて、そんな廃れたとも感じるギャルブームだが、実は横浜では逆にギャルっぽい子が増えている。金髪で露出度の高いギャルファッションに身を包む気合の入ったギャルを良く見かける。

みなとみらい

元々、横浜と言う地域はヤンキー文化が根付いている地域。昔から川崎なんてのは暴走族やチンピラだらけどったし、最近でも川崎の少年リンチ事件により川崎極悪伝説的なイメージが再熱している。この辺りのタワーマンションを購入した人々はかなり困惑しているとも聞くからな。

まあ、暗い話になったが、エロギャルをナンパすると言った視点から見れば横浜はかなり美味しいナンパスポットだと思う。

個人的には横浜の元ヤン系ギャルに注目したい。彼女達の多くは若くから性体験を経験する傾向が強く、セックスをそれほど重要な行為として認識していない点が個人的には熱い。彼女達は自然にヤリマンやビッチに育ったのだから。

それに、元ヤンキー女と言っても昔の話しであるから今は俗に言う、良い女に成長している。サバサバとした性格だからセフレの関係が長期間続いても割り切って付き合ってくれるのも、こちらとしてはありがたい。つまり、男にとって非常に都合の良い女性の属性なのだ。

もしかすると、これからアベノミクスの総仕上げによるバブルが訪れるかもしれない。そうなれば恐らく再びギャルブームが再熱すると思っている。やはり、景気とギャルファッションの関連性は連動するからだ。

それまでに、とにかくギャルに対しての免疫を付けておくべき。横浜へのアクセスが楽な人は路上ナンパに繰り出し横浜元ヤンギャルを口説きまくれ!

2015年3月14日 横浜の女は男慣れしてる元ヤンギャルが狙い目だ! はコメントを受け付けていません。 ヤレる女