大手出会い系サイトのサクラや援デリ業者をどうにかしろ!

風俗レベルの出会い私は2014年度末で出会い系サイトに見切りを付けた。具体的はワクワクメール、YYC、イククルなどの昔から有名だった出会い系サイトなのだが、とにかく最近はオワコンと化している、

何がダメかと言うと、もはや純粋な出会い系では無く売春斡旋所となりつつあるからだ。運営は援助交際や割り切りなどを明らかに求めている女の書き込みを放置状態なのだ。

更に、明らかに不自然なモデル?の投稿写真で男達を釣る援デリ業者の書き込みまで放置するから出会い系では無く、風俗サイトになっているのが現状なのだ。

こんな状況で普通の素人女達が利用しようと思うのだろうか?少なくとも私が仮に女だったら利用するのを控える。

代わりに今利用しているのがツーショットダイヤル番組だが、こちらの方が桁違いに素人女と仲良くなれる。何故なら、ツーショットは直接女の子と電話で会話出来るので相手が男のサクラである可能性が無い。

それに、直で話すから例え相手がサクラだとしても見分ける事が可能なのだ。変に会話の話題をコロコロ変えたり、自分語りばなりする女はサクラだと判断して即切りすればよい。

それに出会い系サイトはシステム時代と逆行している感じがしている。今時、電子メールのやり取りなんて面倒だとは思わないだろうか?

時代はLINEやFacebookなどのリアルタイムチャットの時代だ。メールや掲示板でのやり取りは無駄な空白の時間がありすぎる。

それなら、電話で直接話せるツーショットダイヤルを使った方がよっぽどマシだと感じるようになって来たのだ。

まあ、出会い系サイトやアプリにもまだまだ頑張って欲しいとは思っている。なので運営人には新しい会話システムの導入に加え、サクラの徹底監視役を常駐させるべきだろう。

2015年2月21日 大手出会い系サイトのサクラや援デリ業者をどうにかしろ! はコメントを受け付けていません。 出会い系サイト