テレクラが続々と閉店している今、劇的に会えるのがツーショットダイヤルです!

2016年~2017年の現在においてテレクラ業界に、とある異変が起きています。

リンリンハウスが続々と閉店しているその異変とは日本最大手であるテレクラ「リンリンハウス」が続々と閉店しているという悲しい事実です・・・

2016年には私が通っていた「川崎本店」が10月に閉店となりましたし、たしか「柏店」も同時に閉店したと記憶しております。

2017年の1月には恐らくリンリンハウスとしては最も目立つ場所に看板を掲げていた「池袋東口本店」が閉店となったのには、多くのテレクラファンが驚いた筈です。

今でも池袋の明治通り沿いを歩くと、あの煌煌とした赤と黄色のネオンが無くなっている事に強烈な違和感を感じてしまいます・・・

まあ、これは時代の流れなのかもしれません・・・テレクラといえば1980年に出来た店舗型の電話異性紹介サービスです。

今やスマホで高速インターネットが利用できる時代ですから、店舗に出向くという行動を面倒だと感じる人も多いでしょうから、テレクラを必要としない人が増えるのは仕方のない事なのかもしれません。

とにかく、続々と閉店ラッシュが続いている店舗型のテレクラなのですが、実は私!気付いてしまったのです!

この止まらないテレクラの閉店ラッシュの裏で、劇的なナンパチャンスが訪れているという事を!

良く考えてみて下さい。

テレクラというのは需要があったから今でも残っています。しかし、多くのリンリンハウスが閉店となれば、そのテレクラを利用していた女性達はどこへ出会いを見つければ良いのでしょうか!?

これは間違いなく同じ電話で楽しめる出会いサービスであるツーショットダイヤルにテレクラ常連女性達が流れ込むのは明らかではないでしょうか?

私は、今年の初めにその疑問を感じて直ぐに多くのツーショットダイヤルをリサーチしてみたんです。

するとね・・・明らかに店舗型テレクラ常連と繋がるツーショットダイヤルが劇的に増えている事に気付いたのです!

特に、リンリンハウスと同系列の会社が運営している「マックス系」のツーショットダイヤルには数多くのテレクラ常連女性が流れて来ています。

「マックス・ミセスアイ・ZERO・名人倶楽部・バレンタインコール」などマックス系のツーショットダイヤル番組は多数ありますが、どの番組にも元リンリンハウス常連と思われる女性達のコール待ちが劇的に増えているのです。

テレクラ常連の女性というのは、とにかく電話で男と会うことに慣れています!

ですので、じっくりと口説くのが面倒という方や、手っ取り早くエロい女と待ち合わせしたいという方には最高のナンパターゲットになると思います。

残念ながら店舗型のテレクラは続々と日本から姿を消していますが、確実にその需要はツーショットダイヤルへとシフトしています!

このような状況となっていますので、是非ともテレクラ好きの方はツーショットダイヤルに乗り換えてみてはどうでしょうか。

割り切ったセフレを見つけるならツーショットダイヤルを使うべき!

遂に出会いの季節である春が到来しましたね!

私の住む東京の花見スポットには平日にも関わらず昼間から老若男女が酒を飲み楽しい一時を過ごしています。

まあ、我々のような女とハメる事に命を掛けている男達にとっては、花見なんてのはどうでも良く、桜より女のオマンコという「桜」を少しでも多くゲットするのがこの季節の目的でもあります。

となると、やはり目的となるのはセフレです!

女性サイドも特別に恋人は作りたくないけど、セックスは楽しみたいと思っている。

このようなセックスに対して割り切った考えを持っている女性をターゲットにしてセフレをゲットするのが「オマンコ満開」の状態を作り出す条件だと確信しています。

では、そのような割り切ったセフレをゲット出来る場所というのはどこなのか?

私は間違いなくツーショットダイヤルを利用するのが現状ではベストな選択であると確信ています。

何故なら、ツーショットダイヤルというのは「電話」を利用した出会いサービスですので、とにかく相手との意思疎通のスピードが早いからです!

これが出会い系やソーシャルSNSなどですと、相手とのやり取りがメールやチャットベースなどの文字中心となってしまうので、お互いの本音や目的というのがなかなか伝わりずらいんです。

ですので、結果的に女性を口説くスピードが遅くなってしまい、結果的にアポの効率が悪くなってしまう。

ツーショットダイヤルでしたら相手と電話で話しながら口説いたりナンパ出来ますから、とにかくスピード感が桁違いに早いのです。

それに、最近は店舗型のテレクラ最大手「リンリンハウス」が続々と店舗型のテレクラを閉店しているという時代の流れがあります。

テレクラは気軽に異性が出会う為のサービスでした。

そのテレクラが急速に閉店ラッシュとなっていますから、行き場の無くなった女性達の多くがツーショットダイヤルに流入するという事態が起きています。

割り切ったセフレを求める女性が続々とツーショットダイヤルに流れているという究極の追い風もありますので、やはり割り切ったセフレを探すのであれば現状はツーショットダイヤルを利用するのがベストな選択だと私は確信しております。

好きな地域の女をピンポイントで口説けるのがツーショットダイヤルのメリット!

当サイトに最近になって多く寄せられる質問があります。

それは、

ツーショットダイヤル番組って出会いアプリやソーシャルナンパと何が違うの?

出会い系の方が気軽に女の子を口説けると思うけどツーショットダイヤルでするナンパってメリットがあるの?

このような質問の数々です。

要は、ツーショットダイヤルを利用して女の子をナンパする事って、

出会い系を利用するのと何が違うの?メリットとかあるの?

という事です。

今回は、この質問に対して私から的確な回答をして行きたいと思います。

結論から初めに答えさせて頂きますと、ツーショットダイヤルを使って女の子を口説く事は間違いなくメリットがありますし、むしろ私は出会い系より優れている部分も多数あると判断しています。

まずはメリットについて述べますが、基本的にツーショットダイヤルというのは全国各地の地域ごとに電話番号が用意されているサービスが圧倒的に多いのです。

この地域電話番号はその番号に電話をすると、自動的にその地域の暇している女の子に電話を転送してくれる仕組みとなっているのです。

これは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。出会い系などでもある程度の地域マッチングは行えますが、かなり大雑把な地域セグメントで分けられている事が多いですから、近場の女性と直ぐにマッチングする事はかなり難しいですからね。

ツーショットダイヤルでしたら、地域番号数の多い番組を選べば非常に近場の女性にアプローチする事が出来ますから、圧倒的にご近所マッチングやしやすいという事になります。

また、ツーショットダイヤルは出会い系とは異なり、相手と直接電話で喋れるコミュニティーです。相手との意思疎通のスピードは文字ベースで行う出会い系よりは圧倒的に早いのが大きな魅力となっています。

このご近所マッチング意思疎通のスピードの速さをフルに活用すれば、女性達との出会いは圧倒的に有利に進められますし、実際にツーショットダイヤルを深く利用すると出会い系にはもう戻れないと豪語するユーザーさんもかなり多いです。

私は出会い系とツーショットダイヤルを両方使いますが、最近はツーショットダイヤル自体が非常に盛り上がってきていますので、むしろツーショットダイヤルの方が効率的に女の子と会えるのでは?と感じることも少なくありません。

そりゃ、直接女の子と喋るのが面倒という場合は出会い系の方がメリットがありますが、やはり効率化を考えると直接会話できるという魅力は絶対に抑えておくべきだと私は考えてしまいます。

もちろん、私は出会い系もツーショットも両方の良い部分を知っていますから、どちらの方を持つ訳でもありませんが、是非とも冒頭で述べたような疑問を持っている方にはツーショットダイヤルを是非とも1度は利用してみて欲しいと強く感じています。

間違いなくツーショットダイヤルは面白いです。そして、出会い系にはない女性達とのスピーディーな繋がりを直ぐに楽しませてくれる素晴らしいコンテンツだと確信しています。

パパ活女が増えすぎて出会い系アプリがオワコン化している件

出会い系アプリがオワコン化している。

私は最近の出会いアプリを使っていると、素直にこような感情を抱いてしまうのです。

明確な原因があります。

それは、余りにもメディアやネットニュース達が

パパ活という言葉

を過剰なまでにあ流行らせたからです。

皆さんならご存じですよね?パパ活は今時の若い女の子達が

愛人やパパの進化版

という位置付けで作られた言葉です。

このパパ活の意味とですが、実はまだ女性達の間でハッキリとした定義が確立されていないのが特徴的だと言えるでしょう。

本来のパパ活の意味というのは経済的なサポートを定期的にしてもらう代わりに、パパとなった男性とデートしたり食事やカラオケに付き合うといった

セックス無しの付き合い

をするというのが、特徴的な付き合い方なのです。

簡単に言えば愛人契約からセックスを排除したライト版という感じですね。

しかし、現状では多くの女性達がその正当な意味を理解しておらずパパ活という言葉を出会い系アプリなどで女性達が使う為、中には援助交際や割り切りなどのセックス込みのやり取りを行う女性がゴロゴロしているのです。

パパ活という新しい出会いの形が生まれた事に対しては何ら私は否定的な意見を持ちません。

しかし、パパ活の本来の意味を間違えて利用する女性達には少し苛立ちを感じずにはいられません。

明らか最近の出会いアプリでは多くの女性達が「パパ活してるの」「パパが欲しい」などと口を揃えて連呼して来ますから、多くの男性達とはミスマッチな出会い目的となってしまい、結果的にオワコン化しているように感じます。

女性達にはパパ活という言葉の本当の意味をきちんと理解して使って欲しいと切に願っています。

パパ活の意味が個々の女性によって全く異なるものとなると、男性達の多くは女性探しがし難くなります。そうなれば全体的な出会いアプリのマッチング率は低下して、他の出会いコミュニティーに移動するしかなくなります。

たとえセックスが目的の男女の出会いとは言え、最低限の知識やルールに沿った使い方をすべきだと私は思います。自分勝手にパパ活という言葉を利用して援助交際や割り切りするなんて愚行の極みだと思いますからね。

出会いアプリを利用する女性達の皆さん!是非ともパパ活をするにしても本当の「パパ活」の意味をしっかりと把握してからパートナー探しをして下さい。

間違った使い方をすれば出会いのチャンスを自ら逃すだけなのですからね!

 

寂しさや孤独感の強い女性は高確率でヤレますよ!

寂しさや孤独感というのは人間であれば誰もが持っている感情の1つと言えます。

その感情が強かれ弱かれ、人間というのは孤独に耐えられるようには出来ていませんから、現状で寂しさや孤独を感じる人というのは、その状態をコンプレックスや悩みとして感じるでしょう。

このコンプレックスや悩みを持っている女性達・・・

私から言わせて頂くと、直ぐにでも口説いてセックスまで持ち込むべき女性です!

ゴロゴロいますよ!?自分自身で強い寂しさや孤独感を抱えている女ってのは・・・

特に出会い系やソーシャルメディアなんてのは、それにハマっていること自体が「寂しさと孤独感を紛らわせる行為」に他ならないですから、出会いコミュニティー要素のあるサービスでは絶対にオススメのナンパターゲットとなります。

口説き方ですが、要は相手の女性に対して優しく接すればOK(笑)ほんと、これだけでセックスまでいけちゃう場合が殆どですからね。

あと、話をしっかりと聞いてあげることも重要。紳士的に接して聞き上手に徹していたら、いつの間にかセフレになっていたなんて事は日常茶飯事ですから(爆)

寂しさや孤独を抱えている女性ってのは、要は人の温もりを求めているんですよね。だから、結果的にセックスも簡単にさせてくれるし、会える確率も高いんです。

それに、周りに女友達がいないような女ってのはどこか変わってますから、性に対しても独特のオープンさがある場合が多いんですよね。要はヤリマンって事ですかね(笑)

最高のナンパターゲットだとは思いませんか?

また、出会い系で寂しさや孤独感を抱える女の見極め方についてですが、実に簡単ですからね。見極め方は1つだけ!

メールやチャットのレスポンスが異様に早い(笑)

これのみです!

現状で孤独な状態の女ってのは劇的に暇な訳ですよ。だから、出会い系であっても男からの問いかけに対しての返信スピードが異様に早い(汗)

「お前は一日中出会い系に張り付いてんのかよ!」とツッコミを入れたくなるレベルですからね。

ですから、出会い系などを使う場合は、女性からの返信レスポンスの早さに注目して下さい!これが早ければ早いほどヤレる確率の高い女って事です。

とにかく、孤独や寂しさを抱える女性ってのは、半端ではなくヤレる確率が高いです!ナンパ師であれば絶対に狙うターゲット女性である事は間違いありませんので、是非ともトライしてみて下さい。

浮気好きな女はヤリ捨てがかなり簡単!

ヤリ捨てセフレに最適ヤリ捨てセフレに最適出会い系やツーショットダイヤルを使いセックスだけを楽しみたいのであれば、確実に浮気性な女の子を狙うべきです。

私はセックス目的で出会いコミュニティーを使うときは、中途半端に定期的な関係を望んで来たり、セックス以外の付き合いを求めてくるような女の子は直ぐに放流します。

逆に堂々と浮気や不倫好きを公言するようなヤリマンのみを狙うのです。

何故ならば、彼女達はヤリ捨てしても絶対に追って来ませんし、ややこしい男女関係を自ら嫌うからです。つまり、ヤリ目的の男としては非常に都合が良いのです。

但し、注意点が1つだけあります。それは、彼女達は日常から不特定多数の男達とセックスしまくっているので性病持ちである可能性がある。

ですので、ラブホテルに女の子を誘ったらアソコの匂いをチェックして、臭うようでしたら生挿入は絶対にせずにコンドームを付けるべき。

性病持ちの女に限って生セックスを気軽にOKしたりしますから、その辺りも判断材料になるでしょう。

もちろん、フェラチオやディープキスなどでも性病に感染する恐れはありますから、気を付けるべきですね。

性病リスクさえしっかりと把握して対策すれば浮気性のヤリマン女というのはヤリ目的の我々にとっては最高のパートナーになります。

是非とも、手っ取り早いアポを求めている方は狙ってみて下さい。

出会いカフェの現状とこれからの可能性について考えます

出会いカフェや出会い喫茶という言葉を聞いてピンと来る人はどれくらいいるだろうか?

出会いカフェの現状と未来私は昔から店舗やネット関わらず、男女の出会いをマッチングさせてくれるサービスは何でも使って来ました。出会いカフェは実際に使ったことがあるし、最近でも現状を把握するために来店することだってあります。

そもそも出会いカフェはガラケーの出会い系サイトが盛り上がりのピークを迎えました。徐々に無法地帯と化して社会現象になり始めた辺りから登場したサービスである。

簡単にいえば、法規制されるであろう出会い系サイトの次の「金のなる木」を見つけようと出会い系サイトのノリをそのまま店舗にしたような「出会いカフェ(喫茶)」が誕生した。

この手のサービスは何時の時代も「法の網をかいくぐる」的な発想で登場する。なので出会いカフェも客同士がたまたま来店して意気投合してデートなどに発展する。このようなスタンスで未成年でも利用可能なサービスとしてデビューした。

しかし、男性は有料で女性は完全無料となればどのような客層となるのは一目瞭然。売春目的の親父と、「何でも無料」という魅力に引き良さられる若い女性達が出会いカフェの主な客層となった。

当然、援助交際や割り切りの巣窟となる。しかも女子高生でも来店可能となればエロ河童親父達が目の色を変えてハマるのは明らか。実際に出会いカフェが出来初めの頃は、ある意味でスタービーチが爆発的に流行っていた時のようなバブル感が出ていた。

しかし、店舗サービスでこのような無法地帯が許される筈もなく、女子高生を扱っていた出会いカフェには警察の一斉摘発が入ることになる。ここまでが第一次出会いカフェブームと言えるだろう。

さて、2016年の出会いカフェ(喫茶)の状況だが、私はかなり落ち着いており男女共に良い感じに使えるマッチングサービスとして完全に確立されたのでは?と感じている。

そりゃ一部の女達は相変わらずに割り切りや援助交際しまくっているが、店舗によっては飯やカラオケ目的の女性ばかりだったり、中には恋活や婚活を強く意識した女性ばかりが集まる店舗もある。

このような流れは非常に出会いカフェ業界の健全化に繋がっており、私的にはこの先も出会いカフェや出会い喫茶は間違いなく残るサービスとなるのでは?と強く感じています。

肝心なのはこれからの出会いカフェの未来だと思います。

各業者は世の中の男女達が本当に求めているパートナー探し作りをもっと研究する必要があると思います。それこそポケモンGOではないですが、次世代のシステムや流行りのツールを利用して楽しむサービスなどを盛り込んで行くべきだと思います。

特に女性の出会い願望というのは確実に需要が高まって来ていますからね!女性の意見や願望を完璧にマッチしたシステムで商売にすれば、間違いなく男性ユーザーもついて来ますし、事業としては数百億~数千億円規模の出会い市場になるのでは?と確信しています。

間違いなく出会いカフェは展開次第で第2次ブームを引き起こすことが可能なビックチャンスを秘めていると私は思います。

出会い系アプリで割り切りするリスクはとんでもなく高まっています。

最近の大手出会い系アプリの動きがかなり末期的です。何故なら、昔なら当たり前のように行われていた成人男女同士の割り切り出会いにまで、警察のガサ入れが入っているからです。

ヤバいことですよね?普通に掲示板でサポを求めている成人女性に条件などを聞いて待ち合わせてラブホでセックスするだけで、警察に逮捕されるケースが出ているのですから。

噂では50過ぎのセミプロ女が直近で売春の罪で逮捕されたらしいです。

彼女は大手出会いアプリのアダルト掲示板にて男を募集して割り切り相手を見つけた。しかし、何故かその情報を警察が見つけて捜査対象に。

見事に売春した女は警察に捕まり見せしめとしてネットニュースにまで報道されてしまった。

私は大手出会いアプリは確実に警察に潰されようとしているのだと思います。これは、ハッピーメールの社長が逮捕された辺りから顕著にその動きが見られます。

大体にして、割り切りや援助交際なんてのは、むしろTwitterやソーシャルメディアの方が圧倒的に行っている素人女性か多いんですよ?

でも、Twitterやソーシャルメディアでは割り切りや援助交際に関するやり取りが事実上放置されているのです。

私は現状の大手出会いアプリにおいて自ら女性に対して割り切りや援助交際を持ち掛けるのは自殺行為だと確信しています。

かつてないレベルで今時の出会いアプリにはサイバーポリスなどの目が光っており、少しでも見せしめのネタになりそうなやり取りであれば、オトリ捜査を使ってでも獲物を逮捕する動きを見せています。

私は、昔から出会い系サイトにしろ出会いアプリにしろ、ツーショットダイヤルにしろ、割り切りや援助交際女はスルーして時間は掛かってもタダマンを狙えとしつこく言って来ましたが、やはりその考えは正しかったと自信を持って言えます。

余計なリスクや不安には首を突っ込まないで下さい。そして、多少の時間や労力を使ってでも、自分のナンパスキルを磨きながらコツコツと自分の力で掴んだアポをゲットして行って下さい。

出会い系と男と女のディープな恋愛について

私は出会い系サイトやアプリを利用した男と女のディープな「恋愛」というのが確実に存在していると思います。

基本的に出会い系というのは気軽な男女関係を求める人が圧倒的に多い。それこそ、援助交際や割り切りなどの売春行為も普通に横行しているサービスだってゴロゴロしています。

セフレやフリーセックスを求める男女も多く、基本的にセックスありきの出会いを求める男女が多いのが出会い系の出会いの形の基本となっている現状があります。

そのような出会いの形には恋愛感情というものは存在しないのか!?恐らく、多くの方が恋愛とは全く違う「風俗」のような男女関係をイメージしていると思います。そこには恋愛の文字は全く無く、あるのは性欲や金といったイメージのみ。

しかしね?私からすると出会い系サイトやアプリで見つけた出会いには確実に恋愛という側面はあると思っています。

決して、純粋でピュアな恋愛とは言えませんが、確実にディープで危険な香りが漂う恋愛という形がそこにはあると思うのです。

これは女性と待ち合わせてから感じる独特の感情だと思います。例え、セックスが前提の出会いであったとしても相手の顔を見た瞬間には確実にドキドキ感を感じますし、自分の体が火照って高揚して来るのを感じます。

これは間違いなく恋愛感情に近いものではないでしょうか?

ディープな恋愛感情。私は出会い系や出会いアプリでの男女の出会いについてこう表現したいと思います。確実にライトでピュアな恋愛ではありませんが、そこには独特のアンダーグラウンドな恋愛の形があるのです。

このような恋愛を良いか悪いか判断するべきではないと思います。もっと広い視野でこのような恋愛の形を見るべきだと私は思います。

だって、男女の出会いの形なんてのはピュアであったとしてもディープであったとしても、それは単なる出会いのキッカケに過ぎないのです。そこから全うな恋愛にシフトする場合だって全然ありますからね。

逆に、ピュアで真面目な恋愛からお互いが付き合い、結婚に至ったとしても性格の不一致や価値観の違いから離婚してしまうなんてケースだって多い訳です。

所詮、男と女なんてのはセックスで繋がっているようなものなのですからね・・・

セフレ関係は今や女から進んで求めてくる時代なのです!

女からセフレを求めてくる時代なのですセフレと言えば、昔は男のステータスであり、テレクラや出会い系サイトでゲットしたセフレの人数を居酒屋で男達が熱く自慢し合うなんてのが最高の一時であり楽しみでした。

しかし、最近の若い男達は草食化が進みセフレなんて全く興味がないと答えるモヤシばかり。

そして、若い男達に反するように行動しているのが今時の20代女性達です。彼女達は正に肉食女子と化しており、セフレを作るという事に対して現状で最もポジティブに捉えている女性だと言えます。

つまり、昔の男達と同じ考えを今時の20代女達は感じているのです。

しかし、問題なのは需要と供給です。20代女性達が積極的に出会い系サイトやツーショットダイヤルを利用して男を漁っているのに、肝心の20代男性達が総じて草食化している。

女性需要に対して男性の供給が極めて少ないのが今時の出会いコミュニティーなのです。特に、直接電話で会話するコミュニティーであるツーショットダイヤルはそのギャップが顕著です。

私から言わせて頂くと、現在のツーショットダイヤルの入れ食い状態に参加しないのは「勿体無いの一言」だと思います。

電話の向こう側にはマンコをメチャクチャに濡らしたリアルエロ女が待っているのに、そこへ突入する男が圧倒的に少ない。こんなチャンス、普通では考えられませんよ?

まだ、私のようなテレクラ世代の40代50代親父達は頑張ってますよ。私なんで勃起力が明らかに弱まってるのに海外から個人輸入でバイアグラを購入して頑張ってるんですから。

余りにも女性過多の状態というのは少しマズいんですよね。余りにもツーショットダイヤルで男が見つからない場合が続くと、流石に女性達は過疎ってると思ってツーショット以外に行ってしまいますから。

だからこそ今時の20代30代の草食男達には本気で頑張って欲しい!

セフレ関係なんてこちらから打診しなくても女達から誘って来ますからね?

そして、肉食女子達は基本的に喋ることが大好きですから、基本的には無口な方でも女性達の会話に適当に相槌さえすれば、気が付いたらセフレが出来ているなんて事も日常茶飯事なのです。

こんなタダマンセックス天国な状態なんて滅多にありません。直ぐにでも草食男性達は行動して下さい。