浮気好きな女はヤリ捨てがかなり簡単!

ヤリ捨てセフレに最適ヤリ捨てセフレに最適出会い系やツーショットダイヤルを使いセックスだけを楽しみたいのであれば、確実に浮気性な女の子を狙うべきです。

私はセックス目的で出会いコミュニティーを使うときは、中途半端に定期的な関係を望んで来たり、セックス以外の付き合いを求めてくるような女の子は直ぐに放流します。

逆に堂々と浮気や不倫好きを公言するようなヤリマンのみを狙うのです。

何故ならば、彼女達はヤリ捨てしても絶対に追って来ませんし、ややこしい男女関係を自ら嫌うからです。つまり、ヤリ目的の男としては非常に都合が良いのです。

但し、注意点が1つだけあります。それは、彼女達は日常から不特定多数の男達とセックスしまくっているので性病持ちである可能性がある。

ですので、ラブホテルに女の子を誘ったらアソコの匂いをチェックして、臭うようでしたら生挿入は絶対にせずにコンドームを付けるべき。

性病持ちの女に限って生セックスを気軽にOKしたりしますから、その辺りも判断材料になるでしょう。

もちろん、フェラチオやディープキスなどでも性病に感染する恐れはありますから、気を付けるべきですね。

性病リスクさえしっかりと把握して対策すれば浮気性のヤリマン女というのはヤリ目的の我々にとっては最高のパートナーになります。

是非とも、手っ取り早いアポを求めている方は狙ってみて下さい。

出会いカフェの現状とこれからの可能性について考えます

出会いカフェや出会い喫茶という言葉を聞いてピンと来る人はどれくらいいるだろうか?

出会いカフェの現状と未来私は昔から店舗やネット関わらず、男女の出会いをマッチングさせてくれるサービスは何でも使って来ました。出会いカフェは実際に使ったことがあるし、最近でも現状を把握するために来店することだってあります。

そもそも出会いカフェはガラケーの出会い系サイトが盛り上がりのピークを迎えました。徐々に無法地帯と化して社会現象になり始めた辺りから登場したサービスである。

簡単にいえば、法規制されるであろう出会い系サイトの次の「金のなる木」を見つけようと出会い系サイトのノリをそのまま店舗にしたような「出会いカフェ(喫茶)」が誕生した。

この手のサービスは何時の時代も「法の網をかいくぐる」的な発想で登場する。なので出会いカフェも客同士がたまたま来店して意気投合してデートなどに発展する。このようなスタンスで未成年でも利用可能なサービスとしてデビューした。

しかし、男性は有料で女性は完全無料となればどのような客層となるのは一目瞭然。売春目的の親父と、「何でも無料」という魅力に引き良さられる若い女性達が出会いカフェの主な客層となった。

当然、援助交際や割り切りの巣窟となる。しかも女子高生でも来店可能となればエロ河童親父達が目の色を変えてハマるのは明らか。実際に出会いカフェが出来初めの頃は、ある意味でスタービーチが爆発的に流行っていた時のようなバブル感が出ていた。

しかし、店舗サービスでこのような無法地帯が許される筈もなく、女子高生を扱っていた出会いカフェには警察の一斉摘発が入ることになる。ここまでが第一次出会いカフェブームと言えるだろう。

さて、2016年の出会いカフェ(喫茶)の状況だが、私はかなり落ち着いており男女共に良い感じに使えるマッチングサービスとして完全に確立されたのでは?と感じている。

そりゃ一部の女達は相変わらずに割り切りや援助交際しまくっているが、店舗によっては飯やカラオケ目的の女性ばかりだったり、中には恋活や婚活を強く意識した女性ばかりが集まる店舗もある。

このような流れは非常に出会いカフェ業界の健全化に繋がっており、私的にはこの先も出会いカフェや出会い喫茶は間違いなく残るサービスとなるのでは?と強く感じています。

肝心なのはこれからの出会いカフェの未来だと思います。

各業者は世の中の男女達が本当に求めているパートナー探し作りをもっと研究する必要があると思います。それこそポケモンGOではないですが、次世代のシステムや流行りのツールを利用して楽しむサービスなどを盛り込んで行くべきだと思います。

特に女性の出会い願望というのは確実に需要が高まって来ていますからね!女性の意見や願望を完璧にマッチしたシステムで商売にすれば、間違いなく男性ユーザーもついて来ますし、事業としては数百億~数千億円規模の出会い市場になるのでは?と確信しています。

間違いなく出会いカフェは展開次第で第2次ブームを引き起こすことが可能なビックチャンスを秘めていると私は思います。

出会い系アプリで割り切りするリスクはとんでもなく高まっています。

最近の大手出会い系アプリの動きがかなり末期的です。何故なら、昔なら当たり前のように行われていた成人男女同士の割り切り出会いにまで、警察のガサ入れが入っているからです。

ヤバいことですよね?普通に掲示板でサポを求めている成人女性に条件などを聞いて待ち合わせてラブホでセックスするだけで、警察に逮捕されるケースが出ているのですから。

噂では50過ぎのセミプロ女が直近で売春の罪で逮捕されたらしいです。

彼女は大手出会いアプリのアダルト掲示板にて男を募集して割り切り相手を見つけた。しかし、何故かその情報を警察が見つけて捜査対象に。

見事に売春した女は警察に捕まり見せしめとしてネットニュースにまで報道されてしまった。

私は大手出会いアプリは確実に警察に潰されようとしているのだと思います。これは、ハッピーメールの社長が逮捕された辺りから顕著にその動きが見られます。

大体にして、割り切りや援助交際なんてのは、むしろTwitterやソーシャルメディアの方が圧倒的に行っている素人女性か多いんですよ?

でも、Twitterやソーシャルメディアでは割り切りや援助交際に関するやり取りが事実上放置されているのです。

私は現状の大手出会いアプリにおいて自ら女性に対して割り切りや援助交際を持ち掛けるのは自殺行為だと確信しています。

かつてないレベルで今時の出会いアプリにはサイバーポリスなどの目が光っており、少しでも見せしめのネタになりそうなやり取りであれば、オトリ捜査を使ってでも獲物を逮捕する動きを見せています。

私は、昔から出会い系サイトにしろ出会いアプリにしろ、ツーショットダイヤルにしろ、割り切りや援助交際女はスルーして時間は掛かってもタダマンを狙えとしつこく言って来ましたが、やはりその考えは正しかったと自信を持って言えます。

余計なリスクや不安には首を突っ込まないで下さい。そして、多少の時間や労力を使ってでも、自分のナンパスキルを磨きながらコツコツと自分の力で掴んだアポをゲットして行って下さい。

出会い系と男と女のディープな恋愛について

私は出会い系サイトやアプリを利用した男と女のディープな「恋愛」というのが確実に存在していると思います。

基本的に出会い系というのは気軽な男女関係を求める人が圧倒的に多い。それこそ、援助交際や割り切りなどの売春行為も普通に横行しているサービスだってゴロゴロしています。

セフレやフリーセックスを求める男女も多く、基本的にセックスありきの出会いを求める男女が多いのが出会い系の出会いの形の基本となっている現状があります。

そのような出会いの形には恋愛感情というものは存在しないのか!?恐らく、多くの方が恋愛とは全く違う「風俗」のような男女関係をイメージしていると思います。そこには恋愛の文字は全く無く、あるのは性欲や金といったイメージのみ。

しかしね?私からすると出会い系サイトやアプリで見つけた出会いには確実に恋愛という側面はあると思っています。

決して、純粋でピュアな恋愛とは言えませんが、確実にディープで危険な香りが漂う恋愛という形がそこにはあると思うのです。

これは女性と待ち合わせてから感じる独特の感情だと思います。例え、セックスが前提の出会いであったとしても相手の顔を見た瞬間には確実にドキドキ感を感じますし、自分の体が火照って高揚して来るのを感じます。

これは間違いなく恋愛感情に近いものではないでしょうか?

ディープな恋愛感情。私は出会い系や出会いアプリでの男女の出会いについてこう表現したいと思います。確実にライトでピュアな恋愛ではありませんが、そこには独特のアンダーグラウンドな恋愛の形があるのです。

このような恋愛を良いか悪いか判断するべきではないと思います。もっと広い視野でこのような恋愛の形を見るべきだと私は思います。

だって、男女の出会いの形なんてのはピュアであったとしてもディープであったとしても、それは単なる出会いのキッカケに過ぎないのです。そこから全うな恋愛にシフトする場合だって全然ありますからね。

逆に、ピュアで真面目な恋愛からお互いが付き合い、結婚に至ったとしても性格の不一致や価値観の違いから離婚してしまうなんてケースだって多い訳です。

所詮、男と女なんてのはセックスで繋がっているようなものなのですからね・・・

セフレ関係は今や女から進んで求めてくる時代なのです!

女からセフレを求めてくる時代なのですセフレと言えば、昔は男のステータスであり、テレクラや出会い系サイトでゲットしたセフレの人数を居酒屋で男達が熱く自慢し合うなんてのが最高の一時であり楽しみでした。

しかし、最近の若い男達は草食化が進みセフレなんて全く興味がないと答えるモヤシばかり。

そして、若い男達に反するように行動しているのが今時の20代女性達です。彼女達は正に肉食女子と化しており、セフレを作るという事に対して現状で最もポジティブに捉えている女性だと言えます。

つまり、昔の男達と同じ考えを今時の20代女達は感じているのです。

しかし、問題なのは需要と供給です。20代女性達が積極的に出会い系サイトやツーショットダイヤルを利用して男を漁っているのに、肝心の20代男性達が総じて草食化している。

女性需要に対して男性の供給が極めて少ないのが今時の出会いコミュニティーなのです。特に、直接電話で会話するコミュニティーであるツーショットダイヤルはそのギャップが顕著です。

私から言わせて頂くと、現在のツーショットダイヤルの入れ食い状態に参加しないのは「勿体無いの一言」だと思います。

電話の向こう側にはマンコをメチャクチャに濡らしたリアルエロ女が待っているのに、そこへ突入する男が圧倒的に少ない。こんなチャンス、普通では考えられませんよ?

まだ、私のようなテレクラ世代の40代50代親父達は頑張ってますよ。私なんで勃起力が明らかに弱まってるのに海外から個人輸入でバイアグラを購入して頑張ってるんですから。

余りにも女性過多の状態というのは少しマズいんですよね。余りにもツーショットダイヤルで男が見つからない場合が続くと、流石に女性達は過疎ってると思ってツーショット以外に行ってしまいますから。

だからこそ今時の20代30代の草食男達には本気で頑張って欲しい!

セフレ関係なんてこちらから打診しなくても女達から誘って来ますからね?

そして、肉食女子達は基本的に喋ることが大好きですから、基本的には無口な方でも女性達の会話に適当に相槌さえすれば、気が付いたらセフレが出来ているなんて事も日常茶飯事なのです。

こんなタダマンセックス天国な状態なんて滅多にありません。直ぐにでも草食男性達は行動して下さい。

女の性格は「十人十色」女の感情の変化を上手く汲み取ろう!

女の性格というのは十人十色である。

恐らく、男の性格に比べて女の性格というのはかなり細かくカテゴライされるのではないだろうか?

何故なら、女の感情というのは一定では無いからだ。生理周期やホルモンバランスの乱れなどで、本当に性格がコロコロ変わることがある。

彼女や妻がいる男性は頻繁に感じているとおもう(笑)女がいかに動物的な性格で感情の起伏が激しい生き物なのかを・・・

特に、妊娠時や子供が産まれてからの女は変わる。とにかく性格が激変する。簡単にいえば女から母になる変化だ。

酒を飲んで性格が劇的に変わるのも女の方が顕著だと私は感じる。普段は優しいタイプの子が酔いが回ると他人を罵倒したり暴言を吐くなんて子もいるし、逆に普段は強気でサバサバしている女が酔うと優しくて涙もろい性格になるなんてケースも普通にある。

私はモテる男になる為には、様々に変化する女の感情や性格の変化を上手く汲み取れるように訓練するべきだと思う。

基本的に女は男から褒められたり、話を肯定的に聞いて欲しいと思っている。

しかし、時に褒めたり肯定的に聞いているつもりが、逆に女を不機嫌にさせる事がある。

何故かといえば、女の感情や性格が一時的に変化しているからだ。つまり、怒らせたり不機嫌にさせたという事は、女の感情や性格の変化を汲み取れていないという事になる。

女を常に上気分にさせる。

これは間違いなく女にモテる為の重要な要素になるので、是非とも日常生活において女性と会話する時は相手の感情を常に注視しつつ、変化が現れた時は試行錯誤して女性を不機嫌にさせないような返事やリアクションを考えてみて欲しい。

これを続けていれば、間違いなくあなたは女からモテまくる男になれる。

恋人探しをツーショットダイヤルでするメリットはあるのか?

多くの方がテレフォンセックスやセフレ探しなどのエロ目的のコミュニティーとして利用するツーショットダイヤル番組。

最近では、単なる話し相手募集している女の子にもちょくちょく繋がりますが、やはり女性全体からしてみれば極めて少数派です。

圧倒的にテレフォンセックスや大人の出会いを楽しむ為にツーショットダイヤルを利用する方が多いのが現状だと言えるでしょう。

当サイトのメインテーマでもある恋人探しですが、果たしてツーショットダイヤルを使って恋人を探すメリットはあるのでしょうか?

私は確実にあると確信してます。

しかも、恋人関係でもかなり親密で結婚を視野に入れたようなパートナー探しに実はツーショットダイヤルは利用価値が高いと個人的には判断しているのです。

何故かと言えば、ツーショットダイヤルは対面式の出会いコミュニティーでは無いからです。男も女も、お互いに自身の声と会話のみを頼りにして異性とのマッチングを目指していかなくてはなりませんよね?

何が言いたいかといいますと、ルックスを度外視したコミュニケーションが気軽に楽しめるからなんです。

ハッキリ言って、合コンや街コン、お見合いパーティーなんて本当にお互いが求めている理想のパートナーに出会える確率なんて、とんでもなく低い。

何故なら、対面式の出会いはお互いの顔やスタイルが丸分かりだから。お見合いパーティーなんてのは年収や職業など本来の恋愛には無関係な要素が、出会いの本質を邪魔しまくるのです。

ルックスや金で付き合っても長続きする訳がないんですよ。勢いで結婚なんてした日には確実に離婚するでしょう。

それよりは、お互いの気持ちや感情がダイレクトに伝わる電話が最強なんです。

会えない人は遠征してでも東京と大阪を狙うべき!

出会い系やツーショットダイヤルなどを利用して女性となかなか会えない方。ハッキリ言って辛いですよね・・・女の子と出会う気で利用してるのに何時まで経っても効率が上がらない。

これでは出会いツール自体を利用する気になりませんし、次第に会えない事がストレスとなって女の子自体を諦めるなんて流れにも成りかねません。

私は確率論に頼るべきだと思います。つまり、女の子が多く集まる場所を狙うのです!

東京や大阪は全国的に見て人口数が多いですよね?特に東京近辺は神奈川、埼玉、千葉など人口数が圧倒的に多い地域が固まってます。

出会い系でもツーショットダイヤルでも人口数が多い地域を狙えば、それだけ多くの女性が出会いを求めている事になります。ならば、多少は自分が住んでいる地域から遠くても我慢して人が多い地域を狙うべきだと思います。

エロい出会いを意識するのでしたら、歓楽地や繁華街付近の女の子を狙うのも効率的だと思いますね。歓楽街付近に住んでいたり遊んでいる女性の中にはキャバクラやガールズバーで働いている子、風俗やデリヘルで働いている子も多い。

エロ絡みの仕事をしている女性が多い歓楽街や繁華街を狙えば、上記のようなエロくてヤリマン気質な女性と出会える可能性が高まるのです。

もし、人口が多い地域から遠く離れているという方は、多少苦労して遠征してでも人口数が多い地域の出会い掲示板、ツーショットダイヤル地域番号、地域コミュニティーを利用すべきだと思います。

そして、とりあえずアポを狙って数打てば当たるのナンパを仕掛けるのです!元々、路上ナンパの世界では数打てば当たるのナンパは当たり前でしたからね。100人に声を掛けて0なんてケースもザラな世界なんです。

ネットや電話を利用した場合の出会いは路上ナンパに比べれば圧倒的に出会える確立は上がります。ですから、多少は遠征費用などが掛かっても人口数が多い地域を利用してみて欲しいのです。

まずは東京と大阪の2地域に絞って考えれば良いと思います。北海道の方に限り札幌狙いもOKですからね。基本的には東京と大阪を狙い、それぞれ近い地域を狙って出会いをゲットして行きましょう。

日経平均暴落!日本のエロ女達が消滅する危機である!

どうやら1月18日の日経平均株価はブラックマンデーとなってしまうかもしれない。

主な原因は原油価格の暴落だ。この所は1バレル30ドルをウロウロとしていたのたが、現在は明確に30ドルを割り込んで20ドル台に突入してしまった。

原油価格が下がれば企業が様々な商品を作るコストが下がるが、日本株にとっては全体的な物価を押し下げる効果がある。

そうなれば、日本は再びデフレへの道を辿る。デフレになった日本経済は民主党時代に経験した時と同じ・・・ご存知の通り悲惨だ。

失われた10年と言われているが、今回の原油安がこれ以上進めばアベノミクス相場が全て帳消しになるリスクがでてきている。

そうなれば、私が前々から予想していた日本のバブル再来は消えて、期待していたエロ女達の増殖が見事に水の泡となる。

景気が回復すれば、日本の女はヤリマン化するのは80年代から90年代初めに証明されている。バブルが頂点の時はとにかく金より男!不特定多数の男とセックスするのが楽しい人生。

そのような思想を持つ女達が圧倒的に多かったのだ。

今の世界経済は何やら崩壊に向かっているのかもしれない。中国は国を挙げて株価の買い支えを行っているが、見事にその支えを外すと再び暴落する動き。

原油価格なんてのは外資系金融業界が20ドルどころか10ドルもありえるとレポートを出している。そして今、原油価格は彼らの言う通りに20ドル台を付けて来た。

このまま世界同時株安が止まらなければ、もしかするとリーマンショックの再来になるかもしれない。そうなれば、自民党は国民から袋叩きにされるだろう。

何故ならアベノミクスには国民の年金を使っているし、通過を刷りまくっているから、事実上の国民の金を使って株式投資をしているからだ。

私は心配でならない。

出会えないは言い訳に過ぎない!相手の女性の一語一句をきちんと理解して反応すべき!

出会い系サイトでもツーショットダイヤルでもテレクラでも確実に勝ち組と負け組が出てきてしまいます。

出会いの勝ち組と負け組みまあ、世の中は弱肉強食の世界。可愛くて美人な女には多くの男が群がり取り合いになるのは世の常です。

これは、出会コミュニティーの多くでも同じ事が言えます。

出会いを求めている女性には相当数の男が群がり、口説き合戦を行い勝った者だけが女にありつけるのです。

良く、「このサイトは出会えない」と言い放って、自分が利用している出会いコミュニティーに対してさじを投げる人がいます。

しかし、サクラオンリーの悪質な出会いコミュニティーでも無い限りは、所詮負け組に落ちた男でしかないのです。競争社会に負けて文句ばかり言ってその場から立ち去ってしまう・・・

まるで、リストラされて行き場の無くななった負け組サラリーマンではないですか。

出会えないでは無くて、出会うスキルが無いだけなのです。

大抵の出会い負け犬達の共通点を今回はお伝えします。

それは、狙った女性の本意を理解していない。更に、相手が話す会話の内容を理解していないのです。

その結果、狙った女性に適切な返答を行わずに見当違いな返事や返信をしてしまうのです。

つまり、お互いの会話は完全に平行線です。意気投合なんて出来ませんし、一度も会ったことが無い女性と出会うことなんてことが出来る筈が無いのです。

そんな方へアドバイスをしたい。

女性との会話やメールの文面や会話の一語一句を見逃さないで隅々まで理解して下さい。

相手が自分に何を求めているのか?何を知ろうとしているのか?

について徹底的に分析するのです。

そして、考えます。相手にどう返事をすれば、お互いの距離感が縮まるのかを。

出会いは言葉のキャッチボールだけで成り立つものです。これは、対面式の合コンや街コンなどではない、出会い系サイトやツーショットダイヤルでも一緒なんです。

小手先の口説きテクニックなどは後から付いて来るものなので、出会えないとボヤいている方は全く考える必要はありません。

先ずは相手の会話を徹底的に読み解く。その上で、お互いの距離感が縮まるような返事を的確に返してあげる。この繰り返しを意識して下さい。